脂肪吸引

脂肪吸引などについて

一般的なカロリー消費は?

一般的なデスクワークを職業としている人の場合、デスクワークを8時間行うために消費するカロリーが約768キロカロリーで生命維持のために使われるカロリー(基礎代謝)が約1200キロカロリー。そして通勤のためにのべ30分程度あるいて約100キロカロリーの消費となります。合計すると約2068キロカロリー。一日の食事で摂取するカロリーがこれを超えるとその分が体脂肪となって蓄積されますが、これを下回っていればダイエットとなります。

この人が一日3回の食事のうち、朝と晩の2色をマイクロダイエットにしたとします。朝はリゾットタイプの260キロカロリーで夜はスープタイプで170キロカロリー。昼食については638キロカロリーの定食を食べたとします。合計で1068キロカロリー。これを計算すると、一日に1000キロカロリーが不足しています。つまりこの分がダイエットとなります。7000キロカロリーが不足すると体脂肪が1キログラム燃焼されると言われていますので、1000キロカロリー×7日でちょうど1キログラムの減量が達成されます。当然ながら、これを継続すると同様に1週間で1キログラムずつ減量できますので、かなり速いペースでダイエットが可能であることがお分かり頂けると思います。

しかも、このダイエットで注目すべき点は全く特別な運動をしていないという点です。運動を伴うものはどうしても三日坊主になりがちですが、これなら続けられそうですね。

マイクロダイエットは始める前に!

実際に始めてみようと検討している方にとって最大のハードルがあります、それはマイクロダイエットの購入単位、それと価格です。マイクロダイエットは正規ルートだと約17,000円です。それで14食入っているので、1日2食をマイクロダイエットにするとしたら、1週間で1箱を食べる計算になります。1週間で17,000円となると、なかなかな出費です。

本当にダイエットの必要性があって、少々お金を掛けてでも成功させたいということなら今すぐにでも始めるべきだと思いますが、最初にちょっと試してみて続けられそうなら本格的に購入するというステップを踏みたいものです。そんな方のための情報をまとめてみました。

まずはマイクロダイエットを無料で利用できる方法です。これはマイクロダイエットを検討している方にとっては大変興味のある話ですね。マイクロダイエットには無料モニター制度があります。つまり、無料でマイクロダイエットが支給されてくるのでそれを正しく利用してダイエットの経緯を報告するというものです。モニターなのでもちろん報告義務はありますが、無料でマイクロダイエットを始めて、しかも正規に購入した人と同じようにダイエットサポートも受けられるというのですから、これは見逃す手はないですね。

これは非常に魅力的な話なのですが、もちろん希望者全員が無料モニターになれるというわけではありません。希望者の中から抽選を行い、当選した人にモニターになる資格が与えられるということなので、これはかなり高い人気となりそうです。詳しい情報がないので確定的なことは言えませんが、何でもこの無料モニターに応募するための用紙を手に入れるのも難しいそうで、ネットオークションを調べてみるとこの応募用紙を出品している人を見かけました。

次に、1箱いきなりというのではなくもっと少ない単位で試してみたいという場合です。いくら味付けに工夫がされていると言っても、それが続けられる味なのかどうかは飲んでみるまで、食べてみるまで分かりません。そんな人のために、楽天オークションでは1箱ではなく中身のバラ売りが可能ですので、味を試してみたいという方にはこれがおすすめです。もちろんダイエット効果を試すのであれば最低でも1箱やってみないと効果が見られませんので、ご注意ください。

マイクロダイエット成功法

マイクロダイエットを利用したダイエット生活について、理想的な生活スタイルをイメージして頂くために、マイクロダイエットによるダイエット開始後の生活をシミュレーションしてみたいと思います。この生活スタイルはマイクロダイエットの正規販売元であるサニーヘルス社が推奨しているものです。

マイクロダイエットは食事の代わりに食べるものなので、1日の食事のうち、1食か2食をマイクロダイエットに切り替えます。もちろん1食より2食のほうがダイエットの効果は高いですからダイエットのスピードも速くなります。ですが普通の食事も食べたいという欲求が強い方の場合は無理に2食をマイクロダイエットにしてしまって続けられなくなるよりは、1食でも確実に続けられるほうが良いと思います。

マイクロダイエットも含めて、1日3食の食事をきちんと取るように心がけます。ダイエット目的で朝食を抜く人がいますが、かえって逆効果ですしマイクロダイエットの効果も薄れてしまうので3食きちんと取りましょう。なお、1日3食のうちマイクロダイエットに切り替えるのはどの食事でも構いません。ですが消費カロリーの多さという意味からは朝食が最も効果的で、昼食、夕食と続きます。朝食のカロリーを少なくしておいてたくさんのカロリーを日中に消費すると効果的にダイエットが進みます。

マイクロダイエットによるダイエット中に食べる普通の食事についてですが、ここでドカーンと高カロリーのものを食べてしまったら何にもなりませんから、基本は500キロカロリー程度までにとどめて下さい。最近では低カロリー弁当など工夫されたものがありますから、500キロカロリーでもかなり美味しいものが食べられるようになっています。特に、ここで食物繊維を意識してたくさん食べて頂くとマイクロダイエットの効果がさらに向上します。

次に、マイクロダイエットのドリンクを作る際にも同様のお話をしましたが、水分を多めに取るようにして下さい。1日2リットル以上が目安です。これは水分が胃の中で満腹感を持たせてくれるのと、体内の体脂肪燃焼を活発にする手助けになるからです。
間食やお酒については、全くダメというわけではありませんが、マイクロダイエットはVLCDです。あまり間食をしすぎてはベリー・ロー・カロリーではなくなってしまいます。
  次のページ »
最近の記事
ブライダルエステで素敵な結婚式
フェイシャルエステで綺麗な素肌になる
生理の病気
骨盤ダイエット
女性健康手帳
敏感肌のためのメイク法
ゲルマニウムネックレスで肩こり解消
主婦おすすめの化粧品
今のバストに満足していますか?
ストレスによる口臭
カテゴリー
にきび (46)
美容 (4)
ホワイトニング (38)
補正下着 (19)
糖尿病 (38)
脱毛体験談 (3)
ダイエットレシピ (12)
円形脱毛症 (44)
毛穴ケア (30)
ヘアスタイル (24)
肩こり (32)
脱毛の種類 (5)
美顔 (15)
口臭 (40)
エステ体験 (5)
頭皮 (21)
マイクロダイエット (15)
メタボリック (12)
美肌 (2)
生理 (25)
脱毛トラブル (3)
エステ (4)
はげ (6)
骨盤ダイエット (19)
小顔ダイエット (9)
自分で脱毛 (2)
二重まぶた (17)
敏感肌 (19)
ネイルサロン (12)
小顔になる方法 (4)
バストアップ (11)
美白 (19)
女性の健康 (22)
スタイル (2)
おしゃれ (2)
サプリメント (10)
エステの種類 (4)
エステとは (2)
小顔になりたいな (1)
肩こり  (1)
アーカイブ
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
ダイエットで痩せる方法
綺麗になれるエステと脱毛の方法
にきびケア
円形脱毛症
頭皮のトラブル
Copyright © 2008 脂肪吸引. All rights reserved